白髪予防の方法とは

年をとると共に自然と増えてくる白髪。老化現象の一つで仕方が無いこととは言っても、避けられるなら極力避けたいですよね。実は白髪には、ストレスや食習慣が原因のものだけでなく、遺伝性のものも予防する方法があるのです。
まず、白髪の予防に最も効果的なのは、生活習慣の改善です。タンパク質をしっかり摂取した、バランスの良い食生活はもちろんのこと、起床時間や就寝時間に気をつけて、規則正しい生活リズムを作ることが大切です。
また、やはりストレスは自律神経の働きを乱し、新陳代謝の低下を引き起こしたり、髪にとっても大敵です。現代社会で生きる限り、ストレスから解放されることは難しいかと思いますが、ストレスと上手に付き合い、自分なりのストレス解消の方法を見つけることで、白髪を未然に防ぎましょう。
それに加えて、頭皮のマッサージをすることで血行を良くすることも白髪の予防につながります。短時間で簡単に行うことができ、その上気持ちいいので是非ともやってみてください。そして何より、白髪や髪の状態が気になるからといってシャンプーなどで洗いすぎたりするのは逆効果。髪はデリケートなのですぐ傷んでしまいますし、お湯で優しく洗うだけでも十分ケアができることが多いです。
髪をいたわり過ぎるあまりかえってストレスを溜めてしまったりしないよう、自分なりに心がけてみてくださいね。

白髪の原因を知ることが大事

白髪の原因はまだ完全には解明されていない部分もあるのですが、それでもいくつかの原因は明らかになっています。
まずメラノサイトの活動の低下です。メラノサイトというのはメラニン色素を生み出す為の細胞なのですが、この細胞がメラニン色素を生成することによって髪を黒くすることができます。ところがストレスや不規則な生活、加齢などが原因によってメラノサイトの活動は低下してしまいますので、髪に色を付けることができずに白髪が増加してしまうことがあるのです。
なお、ストレスや生活習慣などが原因になることがあるゆえにそういった部分を改善することで予防になるとも言われています。ですから今以上に増やさない為にもストレス対策などを行うようにした方が良いでしょう。
遺伝も原因のひとつです。白髪も遺伝してしまうと言われており、もともと色素幹細胞の働きが弱い場合があるのです。色素幹細胞はメラノサイト自体を生み出す為の細胞なのですが、遺伝的な要因で活動が弱く白髪ができ易い場合があります。
もし遺伝が原因の場合は改善が難しいとされています。その為、カラーリングをするなどして対策をするしかありません。しかしストレスや生活習慣などが原因の可能性も考えられる為、白髪が気になるようならできる対策から行うのが良いと言えます。